古墳前期井戸から銅鏡 水に困らぬよう儀式か 奈良・櫟本チトセ遺跡

毎日新聞
2020年1月29日 09時01分(最終更新 1月29日 09時02分)

 奈良県天理市教委は28日、同市櫟本(いちのもと)町の「櫟本チトセ遺跡」の発掘調査で、古墳時代前期後半(4世紀後半)の井戸から銅鏡1枚が見つかったと発表した。直径3・6センチと小型で、水不足が起きないように祈る儀式などに使われた可能性があるという。専門家は「古墳時代のヤマトで銅鏡を使った井戸での祭祀(さいし)が行われていたことが分かる貴重な史料」と話している。【藤原弘】

 同市教委によると、古墳時代の井戸から完全な形の銅鏡が見つかったのは、兵庫県明石市の藤江別所遺跡に次いで2例目。天理市教委は2019年7~11月、約1600平方メートルを調査し、銅鏡が見つかった井戸は直径約2・3メートル、深さ約1・2メートルだった。銅鏡の文様は中央部から円状の圏線に向かって多数の線が伸びる櫛歯(くしば)文で、国内で鋳造されたとみられる。市教委によると、櫛歯文は日本列島独自の文様で出土例が少なく、井戸で水の不足がないように祈る儀式で使われたのではないかとみている。

 古墳時代の古墳以外で銅鏡や破片が見つかった例は、祭祀遺跡が知られる沖ノ島(福岡県宗像市)や古代豪族・物部氏の拠点集落とみられる布留遺跡(天理市)など、各地の約240遺跡で確認されているという。藤江別所遺跡では、井戸から銅鏡9枚が見つかっている。

文化財展で展示

 銅鏡に詳しい森下章司・大手前大教授(考古学)は「銅鏡は一定の階層以上が持てる物で、遺跡は一帯の拠点的な集落だった可能性も考えられる」と話している。今回見つかった銅鏡は2月1~23日、天理市守目堂町の市文化センターで開かれる「冬の文化財展」で展示される。

遺跡、地域の開発拠点か

 天理市教委は櫟本チトセ遺跡について、古墳時代前期後半(4世紀後半)の集落の一部と考えている。約2キロ東にはほぼ同時期に築かれた東大寺山古墳があり、市教委は古墳を築造した集団の集落だった可能性もあるとみている。

 櫟本チトセ遺跡は古墳時代集落の空白地域とみられていた低地部で見つかった。今回は柱穴跡約10基や、古墳時代前期後半(4世紀後半)の大溝(幅2・5メートル、深さ0・8メートル)約30メートル分を確認。この大溝の断面はV字形で、市教委は近くの高瀬川から水を取り込む水路だったと想定している。大溝はほかに3本見つかった。

 東大寺山古墳を含む一帯は、後の時代には応神天皇以来7代にわたって后妃を送り出したワニ(和爾などと表記)氏との関係が指摘されている。関連する古墳や遺跡は櫟本チトセ遺跡東側の山麓(さんろく)部で多く見つかっている。

 桑原久男・天理大教授(考古学)は「有力者の地域が山麓部から高瀬川流域の低地部まで広がり、遺跡は地域の開発拠点だった可能性も考えられる」と話している。【藤原弘】

櫟本チトセ遺跡の井戸から見つかった銅鏡=天理市役所で2020年1月28日、藤原弘撮影

9(1).jpg

奈良県天理市の櫟本チトセ遺跡で見つかった古墳時代前期後半の大溝(左側)。断面がV字形になっており、川から水を取り込む水路だったとみられるという=同市教委提供

9(1).jpg

この記事へのコメント